国際恋愛がうまくいかない女子にありがちな3つの「やり過ぎ」行為とは?

こんにちは!井藤アンナです。

ご無沙汰しております。皆さまお元気ですか?

日本は梅雨でしょうか?雨だと気持ちもジメーっとしがち・・・。そんなときは可愛いレインブーツやお気に入りの傘などで気分を上げて快適に過ごせるといいですね^^

うまくいかない国際恋愛

さて。毎日多くの相談メールを頂いております。有難いと言ってしまっていいのか?いけないのか・・・

皆さまにご縁あって関わらせて頂けていることは私にとって有難いのですが、相談がある =(イコール) 国際恋愛が上手くいっていない・・・ということになるので手放しに大喜びもできません・・・

ここへ来てくださる方々も、国際恋愛に何かしらお悩みがあったり疑問があるので来てくださっているのではないでしょうか?

相談メールの中に多いお悩み・・「上手くいかない・・・」現在進行形の国際恋愛が上手くいっていない・・・

それはなぜなのか?何ごとにおいても「やり過ぎ」はよくないですが、国際恋愛においても当てはまります。この記事では、国際恋愛がうまくいかないアジアンガールにありがちな「3つのやり過ぎ」問題についてお伝えします。

1.外国メンズにあれもこれも期待しすぎる・・・

外国メンズへの期待が高すぎる

国際恋愛をまるで、白馬の王子様が迎えにきてくれるかのような幻想を抱いてはいませんか?

たしかに、彼らは優しいです。女性を大事に扱います。

が!!!

あなたが思い描くすべてのことに答えてくれる王子様ではありません。

幻想の抱きすぎで、最初はあまーーーい始まりでも・・・

慣れれば彼らだって仕事や友達付き合い、生活をしていくなかで当初の甘さがなくなることもあります。これは、国際恋愛にかぎらず、全ての恋愛、どこの国のメンズにも言えることですよねー。

そこで現実を見たアジアンガールは
あれ?
あれれ?

一瞬で不安まっしぐら。

以前と違う
以前と違う
以前と違う

このことでパニックに陥ります。

落ち着いてください。あなたは彼の彼女です。

期待度が高いからこそ不安になるわけです。

だったら期待は最初から少しだけ低く持つほうがいいかも知れません。いいですか?外国メンズだって人間だし、メンズです。

2.語学力が足りなすぎる・・・

語学力は大事

厳しいことを言うかも知れませんが、ちょっと観光に行くくらいの英語で恋愛はできないと思ったほうが良いでしょう。

ベッドを共にして、ショートタイムの時間を過ごすくらいの

”国際恋愛”

は出来るでしょう。

でも、
将来を見据えた

”国際恋愛”

は中々難しくなってきます。

彼の言っている言葉にどんな意味だろう?と翻訳機を使っていませんか?

あなたのことが大好きで大好きで

「いいよ。僕が教えてあげるよ」

と言ってくれるボーイフレンドだったら良いのですが、恋愛をスタートさせる時点での言語能力はやはり必要です。

彼との関係がどうにかこうにか成り立った!
としても・・・。

たとえば、外国人彼氏は友人付き合いをとても大事にします。

週末に友達カップルとディナーやランチ!
一緒に小旅行やプール!

そんなとき無言でいるわけでにはいきません・・・

繰り返しますが、ある程度までの恋愛はつたない語学力でもできるものです。
でも
その先のある程度以降の恋愛、つまり彼の友人の輪に入ったり、家族と付き合ったり、将来を考えたりというレベルに達するには、ある程度の語学力が必要です。

努力すれば努力したぶん語学力はUPします。日々努力です!幸せになるための努力ですからね。学校のテスト勉強とは違ったモチベーションで取り組めるはずです ^^

3.彼の世話を焼きすぎる・・・

世話を焼きすぎてはダメ

外国人女子の強さをご存じでしょうか?彼女らはお付き合いを始めるとき

「私をプリンセス扱いしてね」

と言います。

そして、外国メンズたちもそれが当たり前だと思っています。

だから彼らは女性に優しく率先して家事などもしてくれます。

が、アジアン女子はとても面倒見が良いのでその彼らの率先力を喪失させます。

人は慣れる生き物です。

最初のうちはアジアン女子たちも彼に好かれたい気持ちでやっているのかもしれません。

が、関係が進み、してほしい!と思う頃には彼らは

”自分がしてもらうのが当たり前男子”

になっています。

そしてそれを不満に思うようになる・・・。お互い様ですけどねー。

ディナーでのお肉のカット、お料理の取り分け、一緒にクックすること

これをしてほしいと思う気持ちがあるのなら、全てしてあげることは危険です。

あなたがそれを好きなら全然構いません。が、

白人女性と差をつけるちょっとの行為はしても構いませんが、好かれるためにしているのだったら最初からやめましょう。

終わりに

いかがだったでしょうか?あなたは「しすぎる・・・」ことはありませんか?

これらの「やり過ぎ」行為は、外国女子と差をつけるための武器にもなり得ますが、無自覚に使いすぎると逆にあなたに返ってくる危険な「諸刃の剣」でもあります。

転ばぬ先の杖。もし思い当たることがあるなら、少しずつ改善していきましょう。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です