いつでもジェントルマン?イギリス人との国際恋愛あるある!

イギリス

何だかその名前を聞くだけで
背筋がシャキーンとするのは私だけでしょうか?

アメリカ人の元気なイメージと比べ、もの静かな紳士淑女なイメージがあります。(あくまでイメージです)

england

当然ですが、外国人との恋愛といっても、お国によっても様々です。

ひとくくりに

「国際恋愛」ってこう!

とは言えません。

イギリス人。

私個人の意見としては、イタリア人男性とイギリス人男性はオシャレだなと感じます。

サイズのあったものをしっかり着こなし、場所に応じた服装をちゃんとする。

以前のイギリス人のボーイフレンドは、partyに行く前の自分のジャケットのサイズに凄くこだわっていました。

私から見れば何もおかしくないのですが、ほんの少しのサイズ感が気になるとのことでした。

イギリス人男性のジャケット姿も、サラっと着こなす質の良いコートも靴もオシャレだなぁと毎回感じます。

では、そんなイギリス人の恋愛はどんなものなのでしょうか?イギリス人の恋愛の特徴を、あるあるっぽくシェアしてみたいと思います。

その1.ジェントルマンでいたい!

gentleman

彼らはいつでも女性を敬うことを忘れません。(もちろん人によりけりな部分はありますが・・・)

レストランでコートを脱がせてくれるのも、着せてくれるのも、イギリス人男性のほうがアメリカ人男性より多いかもしれません。

だからといって女性にとびっきり優しいか?は別物です。

彼らの中のジェントルマンとしての意識は

イギリス人として!

のもの。

個人の考えというよりもお国柄なのでしょう。

彼らは自分の感情よりも、ジェントルマンであることを優先します。

もし彼女と喧嘩をしたとしても、大声を荒げたことを彼女に申し訳ない!と思うよりも先に「ジェントルマンらしくない行為をしたこと」を悔やむように思えます。

その2.別れてもお友達。

他のお国よりも、別れてもお友達だよ!感が強いのもイギリス人かもしれません。

昔の彼女と今でも一緒にディナーしてる・・・なんてことも、なきにしも非ずな光景だったり。

日本人としては理解しがたい・・・かもしれませんが、外国人には多いことです。

あなたが彼とお別れする場合も
のち
連絡が着たりすることから勘違いしてしまうかもしれません・・・

まだ、私に気があるの?

いえ。
それは彼らからすれば
友達として!
です。

彼らの

”人として好き”


恋愛関係が無くなったとしても
それは健在。

ある意味素直なのかもしれません。

その3.男友達の集まりを大事にする。

friends

パブ文化だから?フットボール好きだからか?

人が集まることが好き。

男友達と集まりフットボールを見て一緒に飲む。それは彼らにとって当然な、自然なこと。

そんな彼ら自身、自分たちでフットボールチームを作って週末には仲間とフットボールを楽しんでいる!なんて人も多いのではないでしょうか?

そんな彼らの、いわば生活の一部とも言えるチームの集まりなど・・・

彼女である女性にも、しっかりその中でコミュニケーションを取ってほしいと彼らは思っています。

その為には
社交性や
語学力は
必須になってきます。

もしあなたが人見知りをしてその輪の中で黙っていたり、英語が全く話せないのだとすれば、彼はあなたとの別れすら考えるかも知れません。それくらい、彼らにとって「男同士の集まり」は大切なことなのだと思います。

その4.感情より現実?

もし、
愛している!としても

何だか違うな・・・何だかコミュニケーションが取れないな・・・

彼がそう感じれば

別れましょう!

と急に言われたりすることも!

女性側としては

え?
今までめちゃくちゃ仲良かったのに?

と思うほど特に問題はない!と思っていた状況なのに。

急に別れを告げられる。

彼らからすれば
それは
当たり前のこと。

好きだけど
上手く行かないなら別れましょう。

お友達になりましょう。

ということです。

情に流されてウダウダと一緒にいるよりは、ハッキリしていて潔い!とも言えるかもしれませんが、交際相手のアジアンガールからしてみればなかなか受け入れがたい自体であると思います。

【情】

日本人の思うこんな言葉はないのか?!と嘆きたくなることもあるかもしれませんが、

それが国際恋愛です。

国際恋愛の多くは、日本人の考える

この

【情】

はないと思ったほうが良いかもしれません。

もちろん、まったくないわけではありませんね。

が、日本人のように「世間体」だとか「こんなに長い期間一緒に居たんだし・・・」とか、そのようなしがらみはないということです。

中々理解しがたいことが起こる。それが国際恋愛だったりします。

以上、イギリス人彼氏あるあるでした!もちろん、異論反論もあると思います。私のカレは全然ちがう!とか。そういうご意見も大歓迎ですので、コメントしていただくか、メッセージをいただけると嬉しく思います。

井藤アンナ

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です